年送る

e0099713_23564227.jpg
『最後だと句を詠みつつや年送る』
静かな大晦日を過ごしている。毎年のことだがテレビのバカ騒ぎを見ないで過ごす。夜空は満点の星で、宇宙の広大さと神秘を感じる。温暖化なのだろう、例年なら冷気が肌をさすが、今宵はそれほど厳しさを感じない。逆に気持ちがいいほどだ。
この『一日一写句』は二〇〇七年の九月六日から初めて、今日で八年と四ヶ月になった。来年は、僕も七〇歳の古希を迎える。駄作ばかりを呟きといって書き留めてきたが、これを区切りにやめることにした。長い間のお付き合いに感謝する。このブログは、当分このまま残すつもりだ。皆さんありがとうございました。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
 
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-31 23:58 | Trackback | Comments(2)

餅搗き

e0099713_23404190.jpg
『杵取りと相性重なる持ちを搗き』
友人の家で餅搗きがあった。チョッとだけ覗いたが、杵取りとの相性が大事だとつくづく思った。僕も杵をふりあげたものの、ひと臼もつけずギブアップ。ほとほと軟弱になったものと反省した。だが搗きたての餅は美味い。あんころ、黄粉、大根おろしと味わってきた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-30 23:41 | Trackback | Comments(0)

e0099713_22145765.jpg
『俺の樹とばかりに鵯独占す』
柿も熟し、ぼたぼたと落ちているが、残り柿を鵯(ひよどり)が鳴きながら啄ばんでいた。鳥たちは落ちた柿は、決して啄ばらない。やはり餌を啄ばんでいるときは無防備になるからだろうか。野良猫に襲われやすいからだろうか。鳴き声は、最後の餌に歓喜しているようだった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-29 22:15 | Trackback | Comments(0)

冬の山

e0099713_21383054.jpg
『冬の山溜息をつく夕暮れて』
休日だが仕事に夢中になって、気が着くと日没が過ぎていた。山が溜息をしていた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-27 21:38 | Trackback | Comments(0)

聖地

e0099713_21523555.jpg
『ハート浮く恋人の聖地転ばねば』
いつもみじかに見上げる富士見パノラマスキー場。暖冬でハートの形が浮き上がったり消えたりしている。このスキー場の最上部にはデッキが作られ、八ヶ岳連山の眺めが見事なのだが、そのデッキは恋人たちの聖地と認定されている。しかし、横向きのハートを見るたびに、滑っていて転ぶ人が多いのではと余計な想像をしてしまう。或る若者たちの間では、まったく違う話になって流布されているらしい。ハートが横に寝ているから、このスキー場で知り合うと寝る確率が高いのだと。楽しいことである。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-26 21:52 | Trackback | Comments(0)

聖夜

e0099713_2152744.jpg
『鯛焼きの温もり手にし聖夜哉』
スーパーに行けば、サンタの仮装した店員が、愛嬌を振りまいていた。ペコちゃんの人形もサンタの衣装だ。ケーキを買おうとしたが、独りで食べるのも侘しいと思い直した。鯛焼きを買いポケットに入れると温もりが手に伝わり暖かい。肉料理のデザートに、鯛焼きの甘さで幸せな気分になった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-25 21:53 | Trackback | Comments(0)

冬銀河

e0099713_21362319.jpg
『ふわふわと酔い心地好く冬銀河』
対談の録音お越しの原稿が25字×40行×19枚。原稿用紙に換算すると約95枚分になる。その原稿から25字×40行×5枚に推敲。何とも厄介で無駄な仕事だったがとりあえず書き終わった。あとは対談当人同士のチェックがあさってあたりに戻ってくる。で、今夜は帰りに酒を含んだ。冷えて澄んだ夜空は、雲が流れるものの大きな月が輝き、時折銀河が覗く。ふわふわと心地好い酔いに身を任せて帰宅した。明日からは、資料館オープン一月告知の原稿を書くのだ。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-24 21:39 | Trackback | Comments(0)

真冬日

e0099713_20563798.jpg
『真冬日の葬儀の席に加わりし』
昨日今日と気温はマイナス切り真冬日になった。サナトリウムの薬剤師を永くやられ、退職後は悠々自適の暮らしをされていたお婆さんの葬儀に出席した。資料館の資料の整理を十年前からしているが、わからないことがあると訊きにいった。頭脳明晰で明快な答えがいつも返ってきて、僕は十分助けられた。先月も愛犬の散歩をしている姿を拝見していたが、いつもは立ち話をするのに急いでいたので声をかけなかった。再開する資料館を見ていただけなかったのが心残りで、残念だった。八十四歳、まだまだお元気で頂きたかった。合掌。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-23 20:57 | Trackback | Comments(0)

短日

e0099713_22135999.jpg
『短日の冬至唐茄子ゆずの風呂』
今日は昼が一番短い日の冬至である。この日にはかぼちゃも食べる風習があるが、かぼちゃの嫌いな僕は食べない。思い出したのが、ふるさとではかぼちゃを唐茄子と言っていたことだ。僕も風邪を引かないようにゆず湯に入った。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-22 22:14 | Trackback | Comments(0)

冬の雨

e0099713_2114021.jpg
『冬の雨柿食い荒らすコムクドリ』
しとしとと朝から氷雨が降っていた。職場の駐車場に入ると雨は止んだが、その合間を狙ったのか鳥の一団が、キュッ、ジェジェと鳴きながら柿の実を啄ばんでいた。。鳥たちにとってご馳走なのだろう、樹上の食卓は騒々しかった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-21 21:14 | Trackback | Comments(0)

霜柱

e0099713_21445720.jpg
『人の間に隙間つくるや霜柱』
朝方の寒さに布団を頭まで引っ張っていた。ようやく起きて外へ出ると、今期最大の霜柱が立ち上がっていた。昨日は、ある人間関係に罅を感じていたが、霜柱の立ち上がった様を眺めながら隙間の埋めようもないのを感じていた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-20 21:45 | Trackback | Comments(0)

冬ざれ

e0099713_22553115.jpg
『冬ざれや湖面に寄せる波寂し』
昨夜に続き諏訪に出かけた。竹久夢二の数枚の石版画の額装に額縁屋に出かけたのだが、仕上がるまで一時間もかかるというので諏訪湖に寄った。夕日が沈む時間で、強い西風に波が高い。冷たい風の中の冬ざれの景色の中に佇んでいたら、寂しさに包まれてしまった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-19 22:55 | Trackback | Comments(0)

雪嶺

e0099713_13114050.jpg
『雪嶺を真っ赤に染める歳の暮れ』
昨夜は忘年会で投稿できなかった。会場に向かう前、資料館の戸締りにいくと窓からの八ヶ岳が真っ赤に染まっていた。しばらく眺めていたが、徐々にシルエットになっていく時間が、せわしさを消え去らしてくれた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-19 13:12 | Trackback | Comments(0)

細雪

e0099713_23161035.jpg
『枯れ草や細雪かと跳ね飛ばす』
朝から晴れているの一時吹雪いた。道路には積もらないが、道端は一面の雪景色。夕方になり、忘年会に行こうとすると吹雪いた。標高千二百のホテルに着くと雪は止み、月が出た。終わっての帰り道、満天の星空になった。路面は凍結し、慎重な運伝で帰宅した。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
# by arajin01 | 2015-12-17 23:16 | Trackback | Comments(0)