新雪

e0099713_2042253.jpg
昨夜は、雪が舞った。深夜にはあがったものの、目覚めると一面真っ白だった。初雪のようだが、今季の初雪ではない。通勤途中の景色は、朝日を受け輝いていた。畦道に停車し、しばし眺めていた。こんな雪景色なら、たびたび降って欲しいものだが、この地域の雪は半端ではない。来月になると呪いたくなるほどの降雪がつづく。雪景色ほど、冬を実感させる光景はない
[PR]
by arajin01 | 2009-12-15 20:04 | Comments(0)


<< 寒し 冬の夜 >>