朱鷺草

e0099713_21285089.jpg
朱鷺の抱卵のニュースは、嬉しいかぎりだった。だが、三個の産卵後、二個を巣外に出したのは残念である。ひとつを大事に温めて雛の姿を見たいものである。わが家の植木鉢でも、朱鷺草が見事な花を開いてくれた。この朱鷺草は、タイリントキソウという、台湾原産の種である。森の中でもヤマトキソウを見ることもあるが、タイリントキソウの花は大空を飛翔する朱鷺を髣髴とさせてくれる。朱鷺は20数日で雛に孵るそうだ。嬉しいニュースを待ちたいものである。
[PR]
by arajin01 | 2010-04-27 21:29 | Comments(1)
Commented by k.m at 2010-04-27 22:00 x
こんばんは。
親鳥が卵を捨てたという新聞の見出しを見た時はびっくりというか
がっかり、何て事をと思いましたが、昨日テレビで専門家の方かが
無精卵とか、中で死んでる場合とかあるのではないかと、いうようなことを話されてまして、
親鳥がそこんとこを分かって捨てたのかなと思い、残念ながらも、少しほっとしたのです。
今抱いている卵が確実に雛に孵ることを願うばかりです。
専門家の方のお話を正確にお伝え出来なくてすみません。


<< 山笑う 花狂い >>