尺取虫の一歩

e0099713_21181570.jpg
『尺取が昼夜の長さ測る秋』
退社時になると、昼夜の長さが逆転したのを実感する。明るいうちの退社は、帰宅後の時間をどう使うか楽しみであったが、この季節になると追い立てられるように帰宅してしまう。
尺取虫がいた。虫は、目的を持って進むのだろうか。ただ前進しか考えていないようだ。障害物があれば除けるが、まずは前に進む。次のことを考えるのは、一歩進んでからでもいいとばかりに枝先を進む。先端の行き止まりで逆戻り。
今、悩んでいる人。考えて進んでも、行き止まりや行く手を阻まれるときもあるよ。危ない時は危ないのだ。虫を見習え。一歩進むのに勇気はいらない。ならば一歩を踏み出してしまうことだ。秋は、眠れないほど考えすぎちゃうからね。尺取虫は、次の枝に取り付くとまた歩く。それぞれの枝の長さを測っているのかな。どうせなら、昼夜の長さを測って欲しいものだ。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックしてください。
[PR]
by arajin01 | 2010-10-01 21:18 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jinpei.exblog.jp/tb/13328776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 稲刈り 秋の水 >>