杜鵑草

e0099713_20272091.jpg
『婀娜なるや陰にもたれる杜鵑草』
杜鵑草が盛と咲いている。花片の斑点が、野鳥のホトトギスの胸にある斑点になぞらへて命名されたという。茎は長く成長して弓なりにしなり、互生した葉の間に2、3個づつ花を付けるのだが、いつも何かにしなだれている。そうしたしなだれた姿が、花の美しさをより強調されているのかもしれない。そのうえ花付きは日向より日陰の方がいいみたいで、ますます婀娜な女性の姿に重ねてしまう。秋に待ち焦がれる花のひとつである。我が家の庭の杜鵑草は、今年は枯れてしまった。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2012-10-14 20:28 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jinpei.exblog.jp/tb/19036951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 錦木 秋思 >>