古屋

e0099713_20393662.jpg
築八十有余の部屋は、隙間ばかりだ。部屋の隅々まで、寒気が染み渡ってくる。屋根に積もった雪は、家屋全体を覆い冷蔵庫のようでもある。モダンだった観音開きの窓の外は、明るく暖かく感じられる。春の温もりが待ち遠しいのは、私だけではないようである。
[PR]
by arajin01 | 2008-02-05 20:39 | Comments(0)


<< まだ寒 立春 >>