2009年 10月 20日 ( 1 )

紫式部

e0099713_18573453.jpg
果実の美しさを、紫式部に喩えられて名付けられただけあって秋を代表する樹である。庭木に多く用いられているが、まだ八ケ岳の麓には野生種もある。実が熟するそばから鳥たちが啄んでしまうので、葉が落ちて実だけの残った景色を中々見ることが出来ない。その分、あちらこちらに実生の樹を見かけるのである。真っ白な実を付ける白式部もあるが、残念ながら山中では見かけたことがない。
[PR]
by arajin01 | 2009-10-20 18:57 | Comments(0)