<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

肌寒い

e0099713_19362092.jpg
朝晩の肌寒さに首をすくめる。冬の足音が、山頂から少しずつ降りてくるのが眼に見える。通勤には、厄介な季節になる。路傍の地蔵さんも、衣を一枚重ね着したようだ。が、苔の緑が寒々しい。
[PR]
by arajin01 | 2007-10-31 19:38 | Comments(2)

築八十一年

e0099713_22115198.jpg
私の勤める資料館は、築八十一年を経過する。階段は黒光りして外光を映し、一歩踏むと懐かしい音が響く。床は何処も軋む。口さのない来館者は、鶯張りだと嗤う。紅葉の色が、床板に反射していた。
[PR]
by arajin01 | 2007-10-30 22:12 | Comments(1)

富士見の富士

e0099713_22182985.jpg
私の住む町は富士見町。名のごとく何処へ立っても、富士が遠望できる。今まで通ったことのない道を走っていると、夕陽に染まる富士がルームミラーに映った。農道に入ると、一段低く中央線の線路が通っていた。シャッターを押そうとすると、上りの特急あずさがフレームに入ってきた。まさにシャッターチャンスだった。
刈り入れが済み、養生の肥料が撒かれている。田圃の持ち主も、赤富士を眺めつつ安堵の一日を迎えていることだろう。
[PR]
by arajin01 | 2007-10-29 20:30 | Comments(1)

森案内

e0099713_19204286.jpg
台風一過、秋天どこまでも高く澄みて清々しい。紅葉の森を案内すると、感嘆の声と詠嘆の吐息。豪雨に洗われた葉は鮮やかに染まり、胸中までも染めてくれた。秋を満喫した一日だった。
[PR]
by arajin01 | 2007-10-28 19:42 | Comments(5)

遅い秋

e0099713_23215638.jpg
紅葉の進む森は、いろんな色のパレットになる。今年の森は、3週間は遅れていると実感している。気温も、茸も、木の実も、紅葉も……。遠望する山頂に舞う雪さえも、遅れている。遅れてやってきた台風で、雨に曇る廃線の鉄橋と森であった。
[PR]
by arajin01 | 2007-10-27 23:22 | Comments(0)

耳鳴り

e0099713_23435486.jpg
老いて来ると、さまざまなところにガタが来る。いつの間にか、耳朶の奥に地蟲を飼ってしまった。滝の音が、その地蟲の鳴き声を消してくれた。我が家の夜は、静か過ぎる。ベッドに入ると地蟲が騒ぐ。そこでジャズボーカルの助けを借りて寝込む。これとて付き合い方の方便だ。心地好い日向の中で、リョウブの紅葉と実の連なりを眺めていると地蟲が騒いだ。そのうち、風音が鎮めてくれた。ガタがきたと思わず、身体の中に友がいると思うこととしよう。
[PR]
by arajin01 | 2007-10-26 23:44 | Comments(0)

滝音

e0099713_22273997.jpg
真夏の豪快な水量も少なくなってきた滝。滝音(たきおと)というより、たきねと呼びたくなった。揺れる枝葉も優しい音色に踊っているようだ。紅葉も少しずつ染まっている。
[PR]
by arajin01 | 2007-10-25 22:28 | Comments(4)

山嗤う

e0099713_23521715.jpg
山肌も染まり出した。朝方までディスプレイを見ていたドライアイの眼には、朝の光は眩しくて辛い。気がつくと足を引きずって歩いている。嗤われたようで、思わず背筋を伸ばした。が、しばらくすると元の木阿弥。辛い一日になってしまった。山笑うは、春の季語。秋山は「山粧う」だが、私には笑われた気分がしたのである。今夜は早々に就寝する。
[PR]
by arajin01 | 2007-10-24 19:48 | Comments(0)

ジェット雲

e0099713_2374999.jpg
天空を真っ二つに切り裂く飛行機雲は、爽快な気分にさせてくれる。澄み切った秋空は、飛行機の形まで目視できる。旅の人、いや機上の人々が羨ましい。深夜まで、仕事をする予定の己は、上空を仰ぎ見つつ旅人になった気分の今日だった。
[PR]
by arajin01 | 2007-10-23 22:38 | Comments(2)

吊花

e0099713_1495176.jpg
ツリバナが五つに割れて艶やかな赤い実を見せた。付近の森に自生しているが、以前は檀(マユミ)だと勘違いしていた。マユミは、四つに割れる。しかし、風にゆれる様は愛らしく、紅葉も美しい。この実が割れると、お山の頂きも白く光る。21日の土曜には八ケ岳も甲斐駒も、初冠雪だった。
[PR]
by arajin01 | 2007-10-22 23:50 | Comments(1)