<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

隠元

e0099713_21141489.jpg
豆類も青々とした若い内は、摘まんで炒め物や味噌汁の具にと重宝した。鞘が硬くなりにつれ豆として育てる。隠元や絹鞘は、畑では長い付き合いになる。今日は畑の周囲の草刈と豆の収穫で一日が暮れた。滝のような汗と腰の痛さが、一日を充実感で満たしてくれた。一時間たっぷりと豆を甘く煮込み、収穫の味を楽しんだのである。
[PR]
by arajin01 | 2008-08-31 21:14

収穫

e0099713_16385088.jpg
少し遅めに植えたトマトが、収穫の盛りを迎えた。今年のトマトは、すべて鉢植えにしたのだが大成功だった。それもこれまでのトマトではなく、サントリー・フラワーの品種にした。先日紹介した細長い茄子のような「ルンゴ」(2008年8月9日紹介)と南瓜型の「ズッカ」と、形の面白さを選んだ。このズッカはイタリア語で南瓜の意で、まさにカボチャの形でトマトとは思えない。しかし、旨味と甘味と香りは、これまでのトマトより勝る。これらの品種は、都会のベランダでも十分生育するだろう。
[PR]
by arajin01 | 2008-08-30 16:46

秋虹

e0099713_222553100.jpg
事務の女性が「お客様ですよ」と、知らせに来た。なんと、鎌倉の尾崎榮子さんではないか。老媼ではあるが、尾崎喜八氏の娘である。八ヶ岳山麓はもとより、わたしの住む富士見をこよなく愛した詩人だ。これまで、手紙と電話でしかやり取りしかなかった。「あなたに逢いたかったの」と、何よりの言葉をいただいた。別れ際、手を差し出され握手をした。お見送りしてからの帰り際、八ヶ岳に大きな虹が掛かっていた。
[PR]
by arajin01 | 2008-08-29 22:26

露時雨

e0099713_19312556.jpg
夜に発生した霧は、翌朝に草木に露の玉を作る。露に写る逆さまの風景は、少しずつ違い楽しくなった。アケビの蔓に結露した露は、ゆっくりと次々に落ちた。この現象を露時雨と言うが、秋の季語である。露の連なる光景は、数珠のように見えた。
[PR]
by arajin01 | 2008-08-28 19:31

木の実

e0099713_19322045.jpg
沢沿いを歩くと、真っ赤な房状の木の実がたわわだ。遠目にも目立つ。5月10日に詠んだ「五月雨上溝桜渓震え」の木の実である。これでもサクランボで、ヒヨドリたちも啄んでいる。葉月は陰暦の八月。まだ、紅葉は始まらないが、葉も実も夕日に染まって気分は秋なのである。
[PR]
by arajin01 | 2008-08-27 19:33

秋の虹

e0099713_19324210.jpg
帰宅時に、毎日異国の少女たちと出会う。いつも俯いて歩く少女たちは、国籍は分からないが、南国系の容貌が漂う。ひとりの娘が、すれ違いさまに溜息を吐いた。刹那、空を指差し「レインボー」と呟いた。少女たちは、歓声と喜びの眼差しで虹を見上げて笑顔になっていた。工場での疲れた体を、虹が消し去ってくれたようだ。虹といえば夏だが、秋の虹は消えるのも早い。秋の淡い虹は、巡り合うの者を喜びとともに哀愁をも感じさせてくれるのである。
[PR]
by arajin01 | 2008-08-26 19:33

落葉松草

e0099713_19323698.jpg
この時期、花を活ける素材には事欠かなくて嬉しい。カラマツソウの一茎を手折り、長めの花器に挿すだけで絵になってくれる。派手さはないが、茶花のように侘びの気分に浸れる。帰宅の道すがら、秋雨の中を薮の中に分け入り手折ってきた。ズボンの裾は、濡れてしまった。
[PR]
by arajin01 | 2008-08-25 19:36

鷺草

e0099713_1245188.jpg
朝方、知人から鷺草が咲いたよと電話があった。彼の裏山の湿地帯に植栽されている。密かな風に揺れる姿は、飛んでいるようだ。三脚を持たなかったことに後悔していた。一枚ぐらいは焦点が合うだろうと、息を止めて何枚も撮った。が、帰ってパソコンに取り込むと、どれもボケけている。しかし、よく見れば飛翔しているようである。ボケも程のうちで強がりだ。
[PR]
by arajin01 | 2008-08-24 12:46

金平糖

e0099713_1732684.jpg
星の形をした金平糖のような花が、愛らしく薮の上辺に盛りと散っている。タデ科の仲間であるが、可愛そうな名が付けられている。ママコノシリヌグイ。どうしてこんな名が付けられたのか不思議だ。これに似た野草で、アキノウナギツカミというのもある。こちらは、棘のある葉を使えば鰻を捕まえられるところからの命名だが、ママコノシリヌグイも蔓に棘があって掴むと痛いくらいだ。わたしは可哀想なので金平糖の花と呼んでいる。
[PR]
by arajin01 | 2008-08-23 19:32

e0099713_20105213.jpg
夏の終わりを告げるように、裏の神社から蜩(ひぐらし)の鳴き声が聞こえてきた。カナカナの名で親しまれる蜩だが、少ないのか鳴き声がやかましくない。そういえば、今年はアブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミ、ミンミンゼミも鳴き声が少なかった。西日に輝くアキノエノコログサ(秋乃狗尾草)も、蜩の鳴き声に合わせるように忙しなく揺れていた。
[PR]
by arajin01 | 2008-08-22 20:23