<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大晦日

e0099713_19411611.jpg
とうとう大晦日だ。一年とはなんと早いものか。女房は朝からお節料理の続きに忙しい。私は年賀状の制作。部屋の掃除は後回しになったが、ようやく片付いた。我が家は、どの部屋にも植物の鉢があるので掃除の手間が余分にかかる。十一月二九日に紹介した蜜柑も黄色く色付き、昨日お供え餅に飾った。自前の蜜柑とユズリハで、鏡餅を飾れるとは思わなかった。
一年のご愛読ありがとうこざいます。みなさまには、来年も良い年でありますようご祈念申し上げます。
[PR]
by arajin01 | 2008-12-31 19:42 | Comments(1)

狂い年

e0099713_21173699.jpg
2008年は不安定な年だったと振り返る。想像を絶する事件が起きた。最後には、百年に一度と言う経済危機の襲来。だが待てよ。金融危機というが、小金を貯めるとか、投資をしている人たちが恐れおののいているのではないのか。庶民はぎりぎりまで切り詰めているわけで、恐れようがない。貯めようとしないで、入った分だけ使っていれば恐れようがない。と、開き直るしかない。居間の檸檬の木も、実と花が一緒に狂い咲きしている。
[PR]
by arajin01 | 2008-12-30 21:17 | Comments(0)

年用意

e0099713_21305938.jpg
365日動いている病院は、のんびり仕事納めができない。私の部屋のスタッフも忙しくて掃除どころではない。が、なんとか机周りだけはと年用意をした。近所の牧場を覗くと、牛舎も敷き藁が入れ替えられ松が飾られていた。
[PR]
by arajin01 | 2008-12-29 21:35 | Comments(0)

冬峰

e0099713_1746593.jpg
これまで入ったことのない道に車を入れると、見晴らしのいい場所に出た。東の富士山や南アルプスはもとより、北アルプス連山の全貌まで展望できるではないか。振り向くと八ケ岳の天狗岳辺りまで眺められる。何とも驚きの場所で、八ケ岳・立場山からの尾根の端になる田園地帯である。これから定点観測に通ってみようと楽しみになった。
[PR]
by arajin01 | 2008-12-28 17:47 | Comments(1)

餅搗き

e0099713_1922812.jpg
わが病院はしばらく餅搗きが途絶えていた。労働組合の中から、再開の話が出た。玄関前に臼を据えると、医師たちも看護師たちも集まった。年の瀬の行事は、節目の華やぎをかもしてくれるものだ。それぞれが杵を振り上げるが、捏ね取りと呼吸が合うのは医師担当の看護師だった。
[PR]
by arajin01 | 2008-12-27 19:32 | Comments(0)

凍結

e0099713_21463755.jpg
目覚めると雪化粧の景色だった。車での出勤ならばと、小さな湖へと寄り道した。膨張した湖面は、ぎしぎしと音を発てて割れていた。透明度の高い水は、硝子のような氷に凍てついていた。
[PR]
by arajin01 | 2008-12-26 22:02 | Comments(0)

群れ

e0099713_2021339.jpg
写真は昨日撮ったものだ。この季節になるとコムクドリが一斉に群れる。私には群れる理由を分からないが、この光景を見るとワクワクする。夕焼けと言えばカラスだが、この時期よくコムクドリが群れる。雀も四十雀も群れる。群れと言う季語があってもいいと思う。写真には302羽がいた。
[PR]
by arajin01 | 2008-12-25 20:02 | Comments(2)

聖夜

e0099713_21483155.jpg
今夜のために、そこかしこで電飾ライトを競い合っていた。我が家の周辺も、派手派手しく飾られていた。ツリーを飾る電飾が、いつの間にやら家までも飾るようになってしまった。漆黒の森を背景に、チカチカと住宅の形に光る電飾は、怪しい雰囲気を感じてしまう…、のである。
[PR]
by arajin01 | 2008-12-24 21:49 | Comments(2)

日本の休日

e0099713_1983649.jpg
大晦日まで残すこと八日となった。一日中執筆をしていたが、夕方になって居間から女房の溜息交じりの歓声が上がった。何事かと行くと、窓の外を指し示す。富士山の夕焼けが見事だった。雲の流れる様がいい。天皇誕生日の休日。まさに、日本の休日を絵に描いたようであった。
[PR]
by arajin01 | 2008-12-23 19:09 | Comments(0)

禁煙

e0099713_2124699.jpg
9月30日から、禁煙プログラムを受けていた。ドクターの指示で、薬を飲みながら12週間かけて禁煙する医療だ。そして今日、晴れて卒業した。これまでに、一度禁煙をしたことがあるが、半年で挫折した。まだ道のりは厳しいが、煙草に依存しない暮らしを目差す。診療所を出ると、入笠山の夕焼けが見事だ。祝福の茜空に永遠の禁煙を誓った。パノラマスキー場も真っ白で、爽快な気分ある。
[PR]
by arajin01 | 2008-12-22 21:25 | Comments(0)