<   2009年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

寒梅

e0099713_18222587.jpg
昨日の東南の風は、雨と共に温さも運んで来たようだ。庭先の梅の蕾は、一気に膨らんだ。だが、向かいの山は中腹まで雪化粧をした。蕾が風邪をひかなければ良いがと、気になってしまう。
[PR]
by arajin01 | 2009-01-31 18:22 | Comments(0)

寒気

e0099713_18402278.jpg
この季節、外猫たちにとって厳しい暮らしをしている。あまりの厳しさに、カメラを向ける気にもならない。それに引き換え、我が家の猫たちにとって温い部屋は天国だろう。だが、外の暮らしに憧れているのか、日なが外を眺めている。
[PR]
by arajin01 | 2009-01-30 18:41 | Comments(1)

寒空

e0099713_19571381.jpg
新月から上弦の月に昨夜から移り、大きな鎌のような光を見せている。陽が落ち、夜の帳と供に山際に輝いた。上弦の月は、より寒さを感じさせ不気味に光っている。
[PR]
by arajin01 | 2009-01-29 19:57 | Comments(0)

凍空

e0099713_20125938.jpg
晴れていても、冷気に覆われた空だ。山際に落ちようとしている陽は、眩しく猫の瞳を縦一文字に細くした。何を思案しているのか、二匹の猫は遠く山際に落ちようとしている太陽を眺めている。太陽が隠れると、さらに冷気が増した。
[PR]
by arajin01 | 2009-01-28 20:13 | Comments(0)

寒夜

e0099713_1914966.jpg
晴れた日の夜は冷える。だが、裏山の奥の谷に沿った田圃では子供らの甲高い声が響いていた。この地方は、昔から田圃に水を入れ天然のスケートリンクをつくる。女房も、そうしたリンクで育ちスケート選手になった。信州のスケート選手は、寒夜の田圃リンクで育つのである。
[PR]
by arajin01 | 2009-01-27 19:01 | Comments(2)

雪割草

e0099713_201296.jpg
日向の斜面の雪の中から顔を出す雪割草。けなげな花であるが、数年前から家の中に入れている。そのぶん花を大きくし、鮮やかな色で咲く。窓辺でぼんやりと花弁を見ていると、胸中の熾き火が炎となりそうだ。早くこい、春よこい。
[PR]
by arajin01 | 2009-01-26 20:12 | Comments(0)

蓼科山

e0099713_19502886.jpg
八ケ岳連山から外れ、独立する蓼科山。連山のひとつという人もいるが、こうした姿を望むと単独の山としか思えない。南に広がる田畑は、烈風のなか静かに眠っている。
[PR]
by arajin01 | 2009-01-25 19:50 | Comments(0)

室の花

e0099713_180316.jpg
近年の花屋に並ぶ花は、すべてが温室栽培されたものがほとんどだろう。そうした温室で咲かされた花を室花という。また、冬季に室内に取り込まれて咲いた花も室咲きという。茅野の姉の家の廊下は日当たりがよく、庭先は雪景色でもアロエの花が毎年咲く。南国の初夏に咲くアロエは狂い咲きとしか思えないが毎年開花するのである。
[PR]
by arajin01 | 2009-01-24 18:06 | Comments(2)

山眠る

e0099713_18555471.jpg
森の木々は、雪の衣を羽織ると、華やかで艶やかになる。棚田の一角は、そんな木々の雪舞台のようだ。手前のミズキの木は、今に踊りだすような錯覚をした。しかし、静寂が支配している。
[PR]
by arajin01 | 2009-01-23 18:59 | Comments(0)

大雪

e0099713_19272738.jpg
眼がさめると予報どおりの大雪だった。裏山の散歩道の入口に立つと、拒否されているようで立ち止まってしまった。
[PR]
by arajin01 | 2009-01-22 19:28 | Comments(3)