<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

山雀

e0099713_17504748.jpg
今週は、風邪をひき閉じこもっていたので、毎日庭を眺めていた。野鳥たちが唯一の訪問者で、和ませてもらった。野鳥を撮影するのは、動きが素早くて意外と難しい。ましてや、硝子越しとなると光の反射でピントも合わせづらい。ソファーに座ったままでの撮影とは、なんとも横着だと笑われてしまうだろう。山雀(ヤマガラ)と四十雀(シジュウガラ)は一年中訪問してくれるが、給餌台に置く向日葵の種がなくなると激しく鳴いて催促する。庭に居ついた感じであるが、しぐさが可愛くて眺めているだけで気分がおだやかになる。早くも一月も今日で最後。だが、野鳥を眺めていると、時間がゆっくりと流れるのである。
[PR]
by arajin01 | 2010-01-31 17:57 | Comments(2)

e0099713_20123845.jpg
布団を乾した庭で、ヒヨドリが騒いでいる。野鳥の餌にと挿した林檎と蜜柑を、独り占めにしようと、他の鳥を威嚇しているのだ。しかし、それも一時で、飛び去るとメジロもヤマガラもシジュウガラもすぐ食べに来る。なんとものんびりした麗かな土曜日であった。
[PR]
by arajin01 | 2010-01-30 20:13 | Comments(0)

目白

e0099713_18411690.jpg
今日から休ませてもらうので、3連休になる。居間のソファーに横になっていると、陽が射しているのにひととき雪が吹雪のように舞う。と、思うと強い光りが射す。アルプスの中腹から上は、雲に覆われている。庭の給餌台には次々と野鳥が飛来する。少し離れた枝に、リンゴを挿したからメジロの番が離れない。リンゴが好物のヒヨドリもときどき来ては、メジロを追い立てる。やがて山々を覆っていた雲は、一掃された。こうした風景を眺めていると、風邪も消えてくれるだろう。野鳥の遊ぶ光景が、何よりの薬に思えてきた。
[PR]
by arajin01 | 2010-01-29 18:42 | Comments(0)

野摺

e0099713_1928355.jpg
朝から雪が舞い、昼には雨に変わり雲間も切れた。山間部の気候は変幻する。そうした中、鷹目のノスリ(野摺)が長いあいだ周囲を睥睨していた。冴える空気に反して、朦朧としている私は、ぼんやりとただ眺めている。脳どころか手足もちっとも冴えない。野生への憧憬は、まだ残っているはずだが。
好きな野鳥を敵にするわけにはいかないと、句を推敲した。
[PR]
by arajin01 | 2010-01-28 21:01 | Comments(0)

温し

e0099713_1853883.jpg
西高東低の気圧配置に変わり、寒さもぶり返してきた。が、部屋は暖かい。私の風邪もまだ抜けず、部屋を暖めても寒気が走る。この数日、鉢植えの花は満開である。硝子窓に映る花々は、春である。風邪をひいた身には、春を待ち焦がれた気分になっている。
[PR]
by arajin01 | 2010-01-27 18:53 | Comments(2)

河原鶸

e0099713_19620100.jpg
今日も風邪で休ませてもらった。ベッドから眺める庭は、風もなく冬うららかだ。寝ているのが嫌になるほどの好天である。が、身体を休めなくてはならない。硝子越しに、野鳥の影が何度も走る。カメラを脇に置いた。蜜柑を枝に刺してもらうと、目白が直ぐにやって来た。しばらくすると河原鶸(カワラヒワ)が来た。カワラヒワの餌は無いだろうが、しばらく囀り姿勢を変える。次々とカメラに収めたが、硝子越しでは不満が残る。だが、見舞いに来てくれたと思うと嬉しさ倍増であった。

飛来した鳥は、てっきりマヒワだと思っていた。マヒワに似通った種類にノジコがいる。そして、カワラヒワだ。まったく忘れていた。風邪をひいた頭だと許してください。k.mさん。ご指摘ありがとう。
e0099713_196392.jpg

[PR]
by arajin01 | 2010-01-26 17:26 | Comments(2)

風邪

e0099713_1752320.jpg
数日前から鼻水が出ていた。今朝、咽の痛みと痰が絡み風邪を自覚した。熱はなく出勤し、早々に診療を予約して院長の診察を受けた。こんな状況のとき、病院勤務はありがたい。10時に帰宅し、横になった。このブログは休むわけにはいかない。寝室の窓辺の花を撮影したのである。
[PR]
by arajin01 | 2010-01-25 17:06 | Comments(3)

冬田

e0099713_1630724.jpg
散歩に畦道を歩くと、足をとられ滑った。諏訪地方は暖冬といえるほど雪が少ない。今年に入っても一度しか降っていない。その雪も、この数週間の麗かな陽射しであらかた融けてしまった。水田に流れ込んだ雪水は、薄氷を張っている。散歩には、長靴が必要なのである。
[PR]
by arajin01 | 2010-01-24 16:30 | Comments(0)

スキー場

e0099713_1643349.jpg
私の住む街には、スキー場が二箇所ある。南アルプス側にあるスキー場は、八ケ岳に向かって滑り降りるので豪快な滑空が楽しめるらしい。私は、スキーをしないのでその感覚は分からない。しかし、ゴンドラで頂上へは行けるので、何度かその眺望は体験した。蓼科山から八ケ岳へのパノラマは素晴らしい景観である。最近教えられたが、麓から眺めるゲレンデに、横向きになったハートが浮かび上がる。確かに、そうだ。作為的につくった森ではないらしいが、観光のキーポイントにしたらしい。若者には受けそうな、森である。夏には、この森を歩いてみたいものだ。
[PR]
by arajin01 | 2010-01-23 20:23 | Comments(0)

余寒

e0099713_20411346.jpg
昨日の雨空は一転して青空に。が、寒さも一緒に戻ってきた。余寒が背中を駆け抜けていった。私のソファーは、いつも猫のカイに占領されている。私が座ろうとすると、ミャーォと甘え声を出す。脇に除けて座るが、しばらくすると股座に上り来る。猫肌は、温くて気持ちよく想い抱く。否、重く抱く。重くなったのが玉に瑕だ。否、玉に負担だ。足裏をくすぐると、私の座から不満げに降りていくのである。
[PR]
by arajin01 | 2010-01-22 20:43 | Comments(0)