<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

二月往く

e0099713_18374887.jpg
二月の最終日、のんびりすごせた休日だった。立松和平さんの追悼集の原稿も穏やかな気分で書けて、メールで送った。夕日の沈んだ山並みを眺めていると、夕日に染まった飛行機が飛んできた。二月最後の日は、色鮮やかに暮れなずんだのである。
[PR]
by arajin01 | 2010-02-28 18:38 | Comments(0)

雪解け雨

e0099713_17143667.jpg
昨夜の雨が融かしたのか、向かいの前山から雪が消えた。山腹は茶色い冬木の木立ちの色に変わっている。向かいの電柱には、鴉が長い間止まっている。頭上を何羽もの仲間が飛び去っても、飛び立つ気配もない。時折、大きな声で鳴く。歩哨を命ぜられたように、里を見下ろしている。それを眺めている私も、暇人なのである。
[PR]
by arajin01 | 2010-02-27 17:15 | Comments(2)

恋猫

e0099713_2343625.jpg
忙しくて写真を撮る時間もなかった。さらに、雨も強く降っていた。普段は18時には夕食なのに、料亭で21時頃になった。帰宅したのが22時30分。それで居間の猫にレンズを向けた。わが家には、様々な猫がいる。これからも少しずつ紹介しよう。十数年来、わが家に生息している陶製の三匹の猫を見ると、私も恋猫になってしまう。その頃の私が蘇るのかも知れない。
[PR]
by arajin01 | 2010-02-26 23:43 | Trackback | Comments(0)

ためらい

e0099713_20173414.jpg
この数日の暖かさは、気持ちがよくて睡魔までが訪れた。身体が軽く、自在に動く。野鳥たちも、軽快に飛んでいる。だが、この温さに慣れると、戻り寒が来たときには堪えるだろうなと考えている。まだまだ春は訪れないだろう。早すぎる春のような陽気に、躊躇してしまう。季節のうつろいに、脳の片隅で逡巡している私なのである。
[PR]
by arajin01 | 2010-02-25 20:21 | Comments(0)

春めく

e0099713_21595139.jpg
昼間は暖かかった。しかし、この陽気も数日だろう。寒山の地は、戻り寒がくるから油断できない。この地に限れば、今年は暖冬だろう。雪掻きなど一度もしていない。それでこの暖かさだ。終業後に院内の研究発表会があって、21時の遅い帰宅になったが、夜風も温くてそぞろ歩きの気分でいた。だが、一人で歩くととぼとぼになってしまう。
[PR]
by arajin01 | 2010-02-24 22:05 | Comments(2)

一番星

e0099713_19493112.jpg
子供の頃、宵の明星が輝くまで外で遊んでいた。そして、親に叱られた。空を見上げていれば、明日への希望が湧いた。勇気が漲ったものだから。上京すると、坂本九さんが「見上げてごらん、君の星~が……」と唄っていた。以来、上を向いて歩いてきた。帳とともに輝く星を見ると、今でも希望がもてる。だが、近頃は誰かに甘えたくなってしまう。歳を重ねたせいかなぁ。
[PR]
by arajin01 | 2010-02-23 20:03 | Comments(0)

春近し

e0099713_19224379.jpg
昨日から暖かくなった。春は、もうすぐそこに来ているのだろうか。森への小路を少し歩いただけで、鼻に汗を噴出していた。森の橅の芽は膨らんでいた。橅の枯葉は、芽吹きまで落ちない。新芽が膨らみ出すと押し出されるように、枯葉が落ちる。「かさこそ、から」と、内緒話でもしているようにそよぐ風とおしゃべりをしていた。それとも、春の妖精と話しているのだろうか……。気になる森のひとときであった。
[PR]
by arajin01 | 2010-02-22 19:24 | Trackback | Comments(0)

春の猫

e0099713_19481688.jpg
散歩に出ると、ビニールハウスで飼われている猫たちに覗き見された。始めは一匹の白毛が恐る恐る顔を出し、続いて白黒。そして茶白。昨年生まれた子猫たちだ。この猫の親は茶虎だが、大らかなのか近所の雄猫たちを包容力いっぱいに受け入れているようだ。猫は年4回交尾期を迎えるが、「春の猫」や「猫の恋」と季語になるほど春がもっとも盛んになる。ビニールハウスの中からは、雄猫のうめき声がし、野外猫が訪問しているようだ。……私も熾火を燃やしますか。
[PR]
by arajin01 | 2010-02-21 19:52 | Comments(0)

離れ雲

e0099713_18191922.jpg
山上から生まれたばかりの雲が、ぷっくりと離れて流れていた。一緒に飛んで生きたい気分にさせられていた。春よ春、早く来い。
[PR]
by arajin01 | 2010-02-20 18:19 | Comments(0)

夕暮れ

e0099713_18114580.jpg
山麓の夕暮れと違い、都会の夕暮れは明確に切り取られていた。友の受章に嬉しくて駆けつけたが、久しい顔と顔に私が励まされていた。ブログへのアップは、一日も休むことなくを心情としていたが、日にちが変わってしまったのが残念だ。
[PR]
by arajin01 | 2010-02-20 00:01 | Comments(0)