<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

花茗荷

e0099713_22153790.jpg
『隠微なる舌からませて花茗荷』
茗荷を採ろうと庭の隅に行くと、花を咲かせていた。ただ生えるに任せている藪のような庭の端だが、重宝している。茗荷の子が成長して、苞の間から秋に花を咲かせる。淡黄色の花は唇とも陰(ほと)にも喩えられ隠微である。子供のころ、頭が悪くなるからと大人だけが薬味にしていた。私の食卓にはなくてはならない味なのである。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2012-08-31 22:16 | Trackback | Comments(0)

夕闇

e0099713_21152373.jpg
『夕闇や位置取り騒乱小椋鳥』
スーパーの前にこんもりとしたケヤキの小樹がある。小椋鳥たちは、日没を待ち一斉にその木に移り宿とするのだが、それまでの時を脇の電線に集結して待つ。ケヤキの木に飛び込む際の有利な位置を確保するのか、電線の止まる位置争いが騒々しい。決して大きなケヤキの木ではないのだが、これだけの数の鳥が宿にするのかと思うと驚きだ。見学会の案内に疲れた私も、早く帰って寝たいと外食をしたのである。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2012-08-30 21:15 | Trackback | Comments(0)

秋めきて

e0099713_23153776.jpg
『秋めきて肌の白さに月あかり』
今日も朝から資料館の見学者が大勢だ。そして新聞テレビの取材。私は疲れ果てていたが、そこへ昭和30年から一年半療養されていた著名な文学者が、建物とのお別れに東京からやってきた。うれしい訪問者にしばし疲れも取れたが、やっぱり疲労困憊のきわみだった。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2012-08-29 23:15 | Trackback | Comments(0)

残暑

e0099713_234377.jpg
『残暑激し女の背中汗滴り』
これまでの疲れがたまり起き上がることができなかった。その上奥歯の歯茎が腫れ上がっていた。昼からの出社の連絡をし、歯科医に予約を入れ、11時まで休んだ。資料館に出るとものすごい数の見学者だ。昨夜の記者発表でNHKニュースも地元ケーブルテレビのほかに、読売、信濃毎日、長野日報とニュースに流れての見学者だ。その上、各社ともその見学者の様子を取材しようと各社が来館した。5時の閉館まで100人を超えたのである。
[PR]
by arajin01 | 2012-08-28 23:59 | Trackback | Comments(0)

流れ雲

e0099713_22501270.jpg
『流れ雲侘しさ宿し月と星』
私が館長を務める「旧富士見高原療養所資料館」解体されることになり、今夜う記者会見を行った。新聞テレビと大勢の記者との遣り取りが済み表に出ると富士と月が美しかった。
[PR]
by arajin01 | 2012-08-27 23:59 | Trackback | Comments(0)

たそがれ

e0099713_2244694.jpg
『たそがれて眺める半月茜色』
パソコンが壊れ、数日投稿できないでいた。読者の皆様にはお詫びする。26日は町の防災訓練で病院も共同訓練に参加し、私も忙しい一日だった。友人の協力で、秋葉原で組み立ててもらったパソコンが届いたが、設定に戸惑い、投稿できなかったのである。ご容赦のほど。日時もつじつまあわせの投稿になったが、私の気分はたそがれなのである。
[PR]
by arajin01 | 2012-08-26 23:59 | Trackback | Comments(0)

飛行雲

e0099713_23592459.jpg
『飛行雲人面雲形見上げ居り』
夏雲と秋雲の二重奏の中に、飛行機雲が水平一直線に伸びていた。しばらく眺めていて、楽しくなってしまった。入道雲のわきあがる先端を注視してほしい。それぞれの先端をよく見ると、人の横顔に見えたのである。5人までは数えたが、どれも数分で形が変わってしまった。ときどき入道雲が、人型であったり動物の形に見える。子供のころからそんな形を見つけては楽しんでいた。これは私の習性のようなものである。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2012-08-25 23:29 | Trackback | Comments(0)

藤袴

e0099713_2246043.jpg
『藪の闇光こぼれる朝日哉』
木漏れ日の林間を走ると、藪の中に咲く花々が、朝日のスポットライトを浴びて爽やかに浮かび映える。普段見慣れた平凡な花も、どきりとさせられる。通勤途上の気分を、高揚させてくれるからうれしくなる。今朝は藤袴が、コントラストを強くして闇の中に浮かんでいた。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2012-08-24 22:46 | Trackback | Comments(0)

秋めける

e0099713_22555420.jpg
『秋めける林の闇に独活の花』
日中は灼熱の残暑だが、林の中に入ると秋の風が通り抜ける。この時期、独活のぼんぼんのような花や藤袴が白を際立たせている。なんとも涼しい気分になって、昼寝の時間を越えてしまった。高原の風は、しっかり秋を告げていた。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2012-08-23 22:56 | Trackback | Comments(0)

朝顔

e0099713_22491568.gif
『朝顔の覆い隠した日除け哉』
グリーンカーテン流行の昨今だが、近くのお宅ではオーソドックスな朝顔であった。「天井の青」と呼ばれる朝顔は見事だった。居間の中はまったく見えない。できることなら部屋の中殻外の景色を眺めてみたいと叶わぬことを思ってしまったのである。
さて不調だったパソコンは、とうとう故障してしまった。メーカーのカスタマーセンターに電話をすると、交換部品もありませんから買い換えてくださいとの死刑宣告。サブで眠っていた遅いWin2000を生き返らせ、この投稿をしている。というわけでその調整に手間取り、昨夜は投稿できなかった。お詫びとご容赦を願うところである。果てさてどうやって新しいパソコン購入資金を捻出しようかと頭の痛いことである。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2012-08-22 00:00 | Trackback | Comments(0)