<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

江戸彼岸桜

e0099713_22462137.jpg
『王仁塚の田畑睥睨エドヒガン』
山梨県韮崎市の段丘の中央にこんもりと盛り上がった塚、王仁塚(わにづか)の上に立つ一本桜で、樹齢約320年といわれるエドヒガンザクラを見てきた。周囲の田畑を見下ろすように立つ桜は見事だった。帰りに、山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内にある「神代桜」に寄り道した。これもエドヒガンザクラの老木であり、国指定の天然記念物であるる。樹齢は1800年とも2000年ともいわれる。老木だけに姿は痛々しい。時々小雨も舞ったが、地元より一足早い花見になった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2013-03-31 22:47 | Trackback | Comments(0)

引鴨

e0099713_22353816.jpg
『引鴨は明日か旅立ち羽撃や』
近くの農業用水池でエットウしていた鴨たちは、羽撃きの訓練も済んで、そろそろ北へ飛び立つようだ。明日か明後日か気おもむところでもある。引きとは帰ることを言う。昨夜は、投稿できなかった。陳謝。
[PR]
by arajin01 | 2013-03-30 23:59 | Trackback | Comments(0)

黄水仙

e0099713_0154898.jpg
『曇天にひかり集めて黄水仙』
水仙がようやく開花した。だが、花見の気分ではない。寒村では、梅も桜もまだ蕾みが固い。毎日桜の開花のテレビニュースを見ていると、桜を愛でたい気分だ。隣の山梨県の韮崎市や甲府では満開だという。明日は、各駅停車に乗って、車窓の花見をしながら東京まで足を伸ばそうか。吉祥寺の井の頭公園も九段の桜も久しく眺めていない。春先に、チョッと東京にセンチメンタルな私である。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2013-03-29 00:00 | Trackback | Comments(0)

朧月

e0099713_2159963.jpg
『朧月抱き寄せて二人かな』
水蒸気のなせる現象とは思いたくないが、でっかい月が浮かんだ。しばらく車を止めて眺めていた。気温も暖かく春の宵だ。桜が咲いていれば、気持ちの好い夜だろう。だが、寒山ではまだ桜の蕾も膨らまぬ。独り妄想をふくらませて観月した。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2013-03-28 22:00 | Trackback | Comments(0)

春の野

e0099713_22444310.jpg
『春の野に春貪るや黒き蟻』
其処ここにイヌノフグリが満開だ。毎年カメラに収めるが、飽きが来ない花だ。この花は、寒いと花弁を閉じる。今日は北風が吹き寒さがぶり返したが、花は開いている。葉陰から一匹の蟻が登場した。何気なく見ていたが、花に登ると、蜜を吸い出した。久々のご馳走に貪るように舐めている。しばらく見とれていたが、気がついてレンズを向けた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2013-03-27 22:45 | Trackback | Comments(0)

北窓開ける

e0099713_224737.jpg
『北窓を開けて食欲爽快に』
冬の間、北窓のすべてに厚い発泡スチロールの板で窓枠いっぱいに塞ぐ。吹き付ける北風からの防寒である。風呂場や台所も冬の間、昼間でも暗い。そのスチロールを外した。台所に差し込む朝日の明るさに爽やかになった。食欲がまし、いつもと違う献立になった。食卓に並べると、珈琲牛乳とイチゴとヨーグルトも添えた。大口を開けてほおばると、パリッと音を立てて食いちぎった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2013-03-26 22:05 | Trackback | Comments(0)

受胎告知日

e0099713_22391559.jpg
『花束に受胎告知日の暦知る』
その入口には、大きな花束が飾られていた。異教徒の私は、足を踏み入れたことのない場所だが、花束が春そのものように覚えて写真に撮った。そして、3月25日は聖母マリアが受胎告知を受けた日だと知った。まさに春到来の日だったのである。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2013-03-25 22:39 | Trackback | Comments(0)

耕し

e0099713_22174758.jpg
『耕しも避けて通るや佛の座』
周囲の田畑は、耕運機で土の掘り返しがはじまった。畦に続く一角に佛の座が群生していた。そこだけが耕されず残された。農夫の心根を見た思いがした。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2013-03-24 22:18 | Trackback | Comments(0)

土佐水木

e0099713_001027.jpg
『里の夕仄かに照らす土佐水木』
この花が咲くと春が来たと実感する。我が家の庭にも春が来た。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2013-03-23 00:00 | Trackback | Comments(0)

山笑う

e0099713_21573613.jpg
『天空を縞馬跳ねて山笑う』
朝は雲ひとつない空だったが、徐々に雲に覆われた。鳳凰三山を眺めていたら、いつの間にか縞馬が跳ねていた。私も跳ねたいなぁー。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2013-03-22 21:57 | Trackback | Comments(0)