<   2014年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

春眠

e0099713_2233981.jpg
『春眠や雨音聞きつ二度寝哉』
四月の最後、寒い雨の日になった。目覚めると激しい雨音にベットから離れる気にならなかった。唐の詩人・孟浩然も「春眠暁を覚えず、処々啼鳴を聞く」と詠っているではないか。二度寝をしたてようやく起きる気になったが、十一時になっていた。そして、だらだらとビデオを見ながらカウチ族の一日になっていた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-04-30 22:33 | Trackback | Comments(0)

田打ち

e0099713_22224380.jpg
『鴉嬉々餌にありつく田打ち哉』
水田に水を引き、田打ちが始まった。トラックターが走ると、鴉が前に後について回っていた。ずいぶん馴れ馴れしい鴉だと見ていると、土の中にいた虫や蛙が出てくるようだ。すかさず蛙を咥え、飲み込んでいた。ときおり笑い声のような鳴き声をあげる。苦労せずに餌にありつき、よろこんでいた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-04-29 22:22 | Trackback | Comments(0)

花馬酔木

e0099713_23162560.jpg
『酔いしれて狂ってみたや花馬酔木』
裏のお宅の生垣の馬酔木の花が、夕日に染まっていた。この葉を馬が食べると、酔っ払ったようになり狂う毒性のある木だ。こんな形のアクセサリーを見たような記憶がある。眺めているうちに、酔い狂うなら食して見るのも一興かと、あらぬ妄想をふくらませてしまった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-04-28 23:17 | Trackback | Comments(0)

糸柳

e0099713_23111630.jpg

『尻を振る女人に惑う糸柳』
柳の新緑が眩しかった。それにもまして、樹の下を行き交う女性たちの後ろ姿が、悩ましかった。行楽の日、どなたも春の装いで寛いている。新緑といい、若さといい、春の到来を喜んでいるようだ。
※昨日は、桜草ととして投稿しましたが、芝桜の勘違いなので訂正しました。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-04-27 23:12 | Trackback | Comments(0)

芝桜

e0099713_232245.jpg
『一斉に見つめられたり芝桜』
どちらのオタクでも垣根の下や、庭先に芝桜が満開だ。芝桜の花びらはすべてお日様に顔を向けている。ファインダーを覗くと、僕が見つめられているような気分になってしまった。昨日は、桜草ととして投稿しましたが、芝桜の勘違いなので訂正しました。。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-04-26 22:35 | Trackback | Comments(0)

木蓮

e0099713_22334011.jpg
『木蓮は一糸まとわず恥らって』
庭の木蓮が、満開になった。光を通した花びらは、透明感が際立ち一糸まとわぬ花になる。ピンクを帯びた紫色は恥ずかしさのあまりに、染まるのだろうか。これから一ケ月ものあいだ、次々と開花して見せる。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-04-25 22:34 | Trackback | Comments(0)

辛夷

e0099713_2363353.jpg
『夕暮れて白さ冴えるや辛夷かな』
暮れかかった中で、辛夷の白い花は光を集めていた。白さは冴え、高貴さを醸していた。畑仕事の疲れが消えていた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-04-24 23:07 | Trackback | Comments(0)

一輪草

e0099713_22392612.jpg
『足元の一輪草にうぶになり』
諏訪の西山公園に桜を見に出かけた。西山の千本桜として、最近人気が出てきた。中央高速を松本方向に向かうとき、諏訪サービスエリアを過ぎて、直ぐ小高い山全山が桜に覆われている風景が気になっていたのである。桜山に登る足元に、一輪草が数株生えていた。その可憐さに、気分が穏やかになっていた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-04-23 22:39 | Trackback | Comments(0)

石楠花

e0099713_228405.jpg
『石楠花や色香に惑うひとときよ』
近くを散歩していたら、三メートルはあるだろうか見事なアズマシャクナゲが咲いていた。色香に惑い、思わず他人の敷地に足を踏み入れてシャッターを押していた。しばらく見とれて振り返ると、窓から女主人が微笑んでいた。僕は色香に幻惑されていた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-04-22 22:09 | Trackback | Comments(0)

朝霞

e0099713_22311024.jpg
『朝霞サイロの眠り深まれり』
牧場の朝は早いが、サイロの中は熟成の眠りについている。朝霞が子守唄のようにサイロを包みこんでいた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-04-21 22:31 | Trackback | Comments(0)