<   2014年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

繍線菊 しもつけ

e0099713_21402189.jpg
『繍線菊が咲けば故郷忍ばるる』
僕のふるさとは栃木県だが、江戸時代には下野と呼ばれていた。今でも、地域を言い表す状況によっては使われている。植物名に故郷の名前がついているのが嬉しい。山野にも自生するが、山野草のブームもあってか庭にも植えられ、手入れもいらないので人気がある。もちろん我が家にも咲く。この花が咲くと、ふるさとへ帰りたくなる。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-06-30 21:40 | Trackback | Comments(0)

e0099713_2327146.jpg
『蓮の葉や蟻周回の徒競走』
今年は、玄関前に大瓶を置き、蓮を育てている。葉は小さく、花芽の出る兆しもないが、毎朝成長ぶりを愉しみにしている。瓶の縁から乗り移った蟻が、トラック競争をしているかのように何周も歩くのには可笑しくなる。ときおり水を飲むのか、触覚を水滴に差し込んでいる。蟻の行動を眺めるのも愉しみになったのである。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-06-29 23:28 | Trackback | Comments(0)

五月川

e0099713_21363948.jpg
『梅雨さなか飛沫散らして五月川』
局地的に大雨を降らしているのか、近くの小川の水音が激しい。長靴を穿いて、偵察に行くと溢れんばかりに飛沫を飛ばしていた。この辺は、勾配があるから流れが早い。私のところは高台だから心配はないが、川下の国道辺りでは出水になるところもあるかもしれない。少し気になる五月川だった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-06-28 21:37 | Trackback | Comments(0)

夏蓬

e0099713_21582961.jpg
『雨ごとに背比べするや夏蓬』
夏草は、咽るほどの勢いで伸びている。この時期の蓬を摘んで乾燥させて揉み込むと、お灸のもぐさになるそうだ。それにしても、足を踏み入ることができないほどに、伸びている。蟻をはじめ昆虫たちは、蓬の葉をよじ登っている。写真を撮るのに、躊躇してしまうのである。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-06-27 21:59 | Trackback | Comments(0)

夏蓬

e0099713_21582961.jpg
『雨ごとに背比べするや夏蓬』
夏草は、咽るほどの勢いで伸びている。この時期の蓬を摘んで乾燥させて揉み込むと、お灸のもぐさになるそうだ。それにしても、足を踏み入ることができないほどに、伸びている。蟻をはじめ昆虫たちは、蓬の葉をよじ登っている。写真を撮るのに、躊躇してしまうのである。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-06-27 21:58 | Trackback | Comments(0)

田草取

e0099713_0344964.jpg

『夫婦して五体投地の田草取』
青鷺の写真を撮っていたら、雨の中で田草取をしていた老夫婦がいた。どの水田も、今が一番忙しいのだろう。田草取を行うのは、稲が根付いて十日前後に最初に行う。その後も一番草、二番草と雑草の生える時期を見ては抜き取り作業を繰り返す。稲の畝を見渡し、雑草を見つけては腰をかがめて抜き取る。過酷な作業だと苦労を感じる。同じ動作を何度も繰り返す姿を見ていたら五体投地を思い出してしまった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-06-26 23:59 | Trackback | Comments(0)

月見草

e0099713_2259796.jpg
『夜待たず濡れにぞ濡れし月見草』
雨が上がり、久しぶりに散歩に出た。数日、気がつかなかったが、其処ここに月見草が咲いていた。正確には、オオマツヨイグサが正しいようだが、宵待草ともいう。宵待草の呼び名はロマンチックで、竹久夢二的な雰囲気がある。しかし、月見草という言い方が好きだ。というのも、朝方にしぼんだ姿に、しどけなさを感じるからだ。夜型人間の僕としては、夜に開く花は好きなのである。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-06-25 22:59 | Trackback | Comments(0)

五月雨 さみだれ

e0099713_22361731.jpg

『五月雨に睡蓮の葉や踊りけり』
関東信越圏は、大荒れの天気だ。わが土地も、朝から大雨注意報が発令されている。昨日の疲れと大雨にかこつけて、一日パソコンで映画を見ていた。夕方になると雷が激しく、パソコンの電源を落とした。庭の植物は、大粒の雨に翻弄されて踊っていた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-06-24 22:37 | Trackback | Comments(0)

紫陽花

e0099713_1251963.jpg
『紫陽花や面影揃う懐かしさ』
鬼怒川温泉のホテルで開かれた中学の同窓会に参加した。卒業して54年になるが、子供の時の面影は全員に残る。飲み語りあった夜が開けると疲れで頭がはっきりしない。ホテルの庭に咲く紫陽花を眺めていた。10時38分発の特急で新宿着12時18分。14時20分発の高速バスに乗り換えて17時、自宅に戻った。長い移動に疲れ果て、ベッドに潜り込んでしまった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-06-23 23:59 | Trackback | Comments(0)

夏至

e0099713_1144293.jpg
『夏至の朝駅舎の鳩は餌さねだり』
ふるさとの温泉地で、中学卒業後54年の同窓会が開かれる。友への思いを抱きながら新宿駅のベンチ座っていると、鳩がやってきて餌をねだる。離れた椅子に座る娘がパンを齧っては、鳩に与えていた。こういう人がいるから鳩が棲みついてしまうのだ。よほど注意しようと思ったが、今時の女性は何を言い出すかわからない。僕は席を離れてしまった。長野から東京の駅に立つと、汗が滴り落ちるほど暑い。薄着をしてきたが、今日は夏至だったと思い夏服の上着を脱いだ。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-06-22 23:55 | Trackback | Comments(0)