<   2014年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

暖炉

e0099713_21593633.jpg
『暖炉燃ゆ踊る炎とティタイム』
小淵沢の「マヴィ」に出かけた。今日は、暖炉に火が入っていたので、しばらく踊る炎を眺めて過ごした。薪の炎は気持ちが落ち着き、何も考えずに無心になれる。久々に穏やかな気持ちになって帰ってきた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-11-30 21:59 | Trackback | Comments(0)

冬ぬくし

e0099713_2246185.jpg
『冬ぬくし野良猫凜と狩人よ』
冬といってもまだ温い。散歩に出るといつもの猫が狩りをしていた。右目がブルー、左目がイエローの鋭い目をしている。冬眠前の蛙を捕獲し、食べた後のようだ。近所のK老人は猫好きで、農機具小屋のビニールハウスを野良たちのために開放している。寒風と雪はしのげるとしても餌までは手が回らないようだ。猫たちは藪の中に潜んでは、野鳥たちを捕獲している。僕も魚の残飯をときどき縁側に置くが、翌日には綺麗になっている。この白猫は、それでもなつかない。いつも凛とした目で安全圏の距離をとり、僕を睨みつけている。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-11-29 22:46 | Trackback | Comments(0)

木の葉雨

e0099713_21482944.jpg
『木の葉雨枝葉は空を独り占め』
コナラの木下に佇むと、枯葉が雨のように降ってきた。なんとも楽しい気分になった。秋から冬への境に立ち会っている気分だ。しばらく枯葉の雨にあたっていた。明日は、また雨になるようだ。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-11-28 21:47 | Trackback | Comments(0)

白富士

e0099713_21504116.jpg
『白富士も赤く染まって暮れて行く』
昨日の雨は、富士山では雪を降らせたようだ。三日ぶりの富士山は雪が増えている。夕焼けの赤富士を眺めていると気分が昂ぶってしまう。都会なら、繁華街にでも繰り出してしまうことだろう。田舎暮らしではそうもいかない。この頃、やたらと人恋しくなってしまう。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-11-27 21:50 | Trackback | Comments(0)

冬時雨

e0099713_21495766.jpg
『冬時雨水滴ばかり光る朝』
冬の雨は、寒さと悲しさを運んでくる。早く目覚めたものの、ベットに逆戻りしてしまった。いい夢ばかりではないが、今日は心地好い夢で楽しませてもらった。数日来の腰痛も、穏やかになってくれたようだ。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-11-26 21:50 | Trackback | Comments(0)

時雨

e0099713_21583326.jpg
『雪前に乗馬収めの時雨かな』
小淵沢へ買い物に出ると、林の中の馬道を友人が馬を走らせていた。声を掛けると、雪が降る前の乗馬納だよと、笑っていた。何も雨の中を走らせなくともと言うと、朝から走りがっていてね、笑っていた。口ぶりから、自分が乗りたかったようだ。僕より六歳年上の彼は、退職間際から小淵沢に馬房を持ち馬屋になってしまった。相変わらず元気な人だ。ときどき、乗らせてもらうが、見習いたい人である。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-11-25 21:59 | Trackback | Comments(0)

草紅葉

e0099713_2225134.jpg
『冬越しに平になって草紅葉』
メマツヨイグサ(通称・宵待草)は、冬を越すのに紅葉して平になる。この姿を「ロゼット」という。真冬に草が枯れている景色の中で、紅葉し平になっている姿はひと際目立ち健気である。周囲の道端や土手で、目につくようになった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-11-24 22:03 | Trackback | Comments(0)

冬の鳥

e0099713_22375629.jpg
『冬の鳥群れて啄む残り柿』
見向きもされない柿の木が、あちらこちらの庭先に鈴なりだ。甘い食品が氾濫する現在、皮を剥き干し柿を作る人は極一部の人だけになってしまった。だが、鳥たちにとっては、冬越しに向かって体力をつける格好の餌になっている。冬、群れになって暮らす小椋鳥にとっても例外ではない。喜びなのか、騒々しいほどに鳴き声を上げながら啄んでいる。木の下まで近寄っても逃げの気配もなく、夢中で啄んでいた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-11-23 22:38 | Trackback | Comments(0)

電車

e0099713_22172391.jpg

『見るものは山と林と通る電車』
夕方、跨線橋煮たつと、松本行きの各駅停車の電車が走ってきた。僕もどこかに行きたくなった。当てもなく旅に出たくなった。この頃、そんな気分になっている。あ、いま緊急地震情報が入った。きた。凄い地震だ。すぐテレビを点けると、震源地は長野県北部だ。此処は、震度4か。凄く揺れたが被害はなかった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-11-22 22:19 | Trackback | Comments(0)

鹿の声

e0099713_2229548.jpg
『鹿の声寒風に乗り疾走す』
道端に沿った収穫の済んだ蕎麦畑を、二頭の鹿が疾走していた。自動車音に驚いているようだ。森に逃げ込むには、道路を横断しなければならない。間断なく通行する自動車に戸惑い、甲高い鳴き声で右往左往している。数台の車が停車すると、土手を駆け上がりその間をジャンプして森へと駆け込んだ。一昨夜は、暗闇の中で横断する鹿と出会った。とっさのことで衝突しそうになったが、今日は夕方であり、畑の中を右往左往していてカメラを向ける余裕があった。この地域の鹿は繁殖しすぎていて、年中こうした場面に遭遇する。数年前、軽自動車で衝突したことがあるが、ボンネットは凹みかなりの出費になった。これから積雪を迎えると、里路を走るには注意が必要になる。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2014-11-21 22:29 | Trackback | Comments(0)