<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

鉄線花

e0099713_1385795.jpg
『夏服の鉄線花哉水を撒き』
植えたはずのない鉄線花が咲いていた。夏服のワンピースを思い出させる花で、水を撒いてやった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2015-05-31 01:39 | Trackback | Comments(0)

えごの花

e0099713_1351462.jpg
『えごの花見上げる顔に夏の風』
三十度を超える夏日が続く。木下に涼むと、えごの匂いに包まれた。顔に、夏の風が降り注いできた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2015-05-30 01:35 | Trackback | Comments(0)

奥山の花(無季)

e0099713_2159083.jpg
『曇天に奥山の花心めき』
近所の庭に九輪草が咲いていた。山奥の湿地帯に咲く花である。清里の山奥に、この花の群生地がある。友人たちを案内して見に行ったこともあるが、しばらく行っていない。あの当時の楽しかったあれこれを思い出し、なんとなく心ときめいて、行きたくなってしまった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2015-05-29 21:59 | Trackback | Comments(0)

キャベツ

e0099713_222231100.jpg
『新キャベツ旨いと虫が先に喰い』
近所のキャベツ畑は収穫の最中だった。虫に食われだしたからと、慌てて収穫してのことらしい。それだけ農薬を使っていない証拠なのだろう。本当に旨そうだ。僕も一個でいい、譲ってもらいたくなったが、忙しく働いている様子をみると言い出しづらく、写真だけで我慢をした。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2015-05-28 22:22 | Trackback | Comments(0)

虎杖

e0099713_2224571.jpg
『虎杖やかじり少女の恋の味』
裏山の入口に食べごろの虎杖が、にょきにょきと生えていた。今年初めて口にした。子供の頃は、スイバと言っていたが、皮を剥き齧るとシャリっとした。噛む程に酸っぱい思い出が口中に広がった。中学生の頃の淡い切なかった恋心の味が蘇った。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2015-05-27 22:03 | Trackback | Comments(0)

万緑

e0099713_2152857.jpg
『万緑に藍を競うや苧環や』
どこもみな緑に覆われ目の中も緑色に染まったと思いながら歩いていると、濃紺の群落にであった。山苧環(やまおだまき)だ。見事に盛で、どれもうつむいて咲いている。僕の目の色も、緑から藍に染まってしまった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2015-05-26 21:52 | Trackback | Comments(0)

牡丹

e0099713_21421474.jpg
『そよ風よ牡丹花弁を散らせしよ』
美女を前にして、告白もできぬ小心者の僕は、靡かせることなど夢のまた夢。せいぜい、牡丹の花のひとひらが散る様子を眺めて妄想するのがせきの山である。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2015-05-25 21:42 | Trackback | Comments(0)

薄暑

e0099713_23455752.jpg
『名も知らぬ花に癒され薄暑哉』
植えた覚えもない爽やかな感じの花が咲いた。なんとも清々しい花だろう。しばらく眺めていたら、疲れも消えていた。どなたが花の名をご存知の方は教えて下さい。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2015-05-24 23:46 | Trackback | Comments(0)

おだまきの花

e0099713_22555579.jpg
『オダマキの花ひっそりと庭の隅』
庭のあちらこちらに、おだまきが咲いている。何の手入れもしないが、勝手に咲き、勝手に株を増やしてくれる。なんともほったらかしの優等生のような花である。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2015-05-23 22:56 | Trackback | Comments(0)

薄暑

e0099713_2232584.jpg
『薄暑にて野良も木陰か藪の中』
最近、縁側に魚の食べかすなど食事の残り物を時々置く。だいたい三四時間後に皿を見るとなくなっている。三匹ほどの野良猫が、早い者勝ちで食べているようだ。しかし、野良猫の長生きの極意は用心深いことにあるらしく、僕の姿気配を感じるとすぐ逃げてしまう。周囲の路上で、甘い声をかけても逃げてしまう。いつになったらなついてくれるのだろうか。僕の歳を考えると家猫を飼う気になれないので、野良猫と仲良くなろうと思っているのだが、中々気を許してくれないものである。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2015-05-22 22:33 | Trackback | Comments(0)