e0099713_20211111.jpg
『背に一刀おらがの夏を蝉歌え』
蝉は夕方になると脱皮する。どうしてだろうと、長年不思議に思っていた。それは、脱皮しても翅が軟らかくて飛べないから一晩ゆっくりと休み、朝一番で飛び立つためだよと、昆虫に詳しい友が教えてくれた。休んでいる間、天敵にも襲われないからね、とも。本能なのかと思うと、なるほど……。夕刻には少し早い時間、脱皮のために背中が割れた蝉を見つけた。幹なら、もっと遅くなるまで登ることが出来たろうが、草なので行き止まりになったからかも知れない。時間があれば、じっくり観察したかった。心を残して帰ってきたのである。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2011-07-22 20:21 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jinpei.exblog.jp/tb/15158351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 甲虫 土用入り >>