月見草

e0099713_2028651.jpg
『月見草月見る人の刈り残し』
周辺では、草払い機のエンジン音が喧しい。庭先、畑や水田の土手、空き地と早朝から夕方まで、バイクより派手な音が四方から聞こえてくる。徹底的に草を刈り取るのである。それでも、ツキミソウやホタルブクロなどの花の株は、刈り残されていている。花を愛でる気持ちは、皆さんお持ちのようだ。写真の花を月見草というと、「違います。オオマツヨイグサですよ」と言われてしまうだろうか。月見草や宵待草は、オオマツヨイグサの別名である。それでも竹久夢二が好んだ宵待草と言ったほうが適切だろう。花の雰囲気は伝わる。しかし、私はあえて月見草と呼びたいのである。それは子どもの頃から、そう覚えているからである。今宵の夜空は、低い雲が全天を覆い月は見えない。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2011-07-25 20:28 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jinpei.exblog.jp/tb/15174010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 炎天 額の花 >>