網戸越し

e0099713_183075.jpg
『網戸越しカサブランカの風香る』
網戸は夏の季語だが、正確には六月頃初夏に使われるだろうか。しかし、窓辺で寛いでいるとカサブランカの香りが網戸越しに気分を好くしてくれた。網戸の感じを映像にと出来ないかと思うと、なんとか光りの玉となってくれた。背後の大きな木は、ブットレア(一般名、正確にはフサフジウツギ)だ。どちらの花にも蜂と蝶が集まって賑やかである。今日一日仕事を休み、水撒きをして窓辺で寛いでいると夏休みの気分になっていた。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2011-08-10 18:30 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jinpei.exblog.jp/tb/15257094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 夕映え 秋暑し >>