穭田(ひつじた)

e0099713_2251657.jpg
『穭田も新芽を吹きし風ぬくし』
遠に刈り取りの終わった稲株は、新芽が吹き遠めにも青々としている。十一月にもなれば北風が吹くのだがここにも暖冬の兆しがある。暖かい分には嬉しいが、生態系から見ると困ったものだ。この蕪から新芽がでることを穭田という。羊も冬に向かって毛が伸びることから、同じように伸びる新芽を重ねてのことらしい。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2013-11-06 22:51


<< 立冬 冬晴れ >>