人気ブログランキング |

東京散歩

東京散歩_e0099713_1345441.jpg
女房と花見が目的で東京へ出た。古巣(近くに私の事務所があった)の千鳥が淵を散策しても桜一輪姿なし。当然のことで開花は二十七日頃だろう。目的の花見は、名画の花見だ。九段にある山種美術館で、日本画に描かれた桜の企画展が目的だった。この季節でなければ、一同に鑑賞することのない作品ばかりで充分に堪能した。堀端を散策し、旧近衛師団司令部跡の近代美術館工芸館で一休みと入場。これまた、名品を堪能した。私の眺める作品の隣に、ロッカーのような人物が重なる。次の部屋に入っても重なる。煩わしいと人物の顔を覗くと、なんと直木賞作家のFではないか。「いょー」「げぇー」と互いに驚きの顔で見合わせ、言い訳のような言葉を交わした。たまさかこんな場所で遭うとは。
by arajin01 | 2008-03-15 01:35


<< 温室の空間 蛙 >>