2011年 07月 31日 ( 1 )

夏の果て

e0099713_1713918.jpg
『夏の果て蜂の子育つ軒の枝』
七月も今日で終わりになる。七月に入ってからは、夏らしくからりと晴れた日がなく、冷夏のようであった。世の節電の風潮に、天も協力したようである。だが、豪雨の水害を連れてくるとは、酷い仕打ちだ。被害にあわれた地域の方々にはお見舞いを申し上げる。地震、津波、原発爆発、豪雨と次々と繰り出される災害には、天は情けが無いのかと恨みを申し上げる。
わが家の狭庭には様々な種類の蜂が巣を作ったが、アシナガバチも可愛い薄緑色の巣を作った。毎日観察していると、巣穴ひとつひとつの中に、胡麻粒ほどの卵から徐々に成長していく過程が明確に見えて愛おしくなる。幼虫たちの頭は、サングラスをかけたヤンチャ坊主のように見えて愛嬌がある。一匹の親が50近い巣穴を作り必死に育てている姿を、間近に観察していると、親蜂の健気な子育てに感心してしまう。先月は、小指を蜂に刺されて痛い思いをしたが、怖いからと殺虫剤を撒く気にもならなくなった。蜂の子よ、元気に育てよと、声援してしまったのである。
人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
[PR]
by arajin01 | 2011-07-31 17:17