人気ブログランキング | 話題のタグを見る

霜柱

霜柱_e0099713_21445720.jpg
『人の間に隙間つくるや霜柱』
朝方の寒さに布団を頭まで引っ張っていた。ようやく起きて外へ出ると、今期最大の霜柱が立ち上がっていた。昨日は、ある人間関係に罅を感じていたが、霜柱の立ち上がった様を眺めながら隙間の埋めようもないのを感じていた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
# by arajin01 | 2015-12-20 21:45

冬ざれ

冬ざれ_e0099713_22553115.jpg
『冬ざれや湖面に寄せる波寂し』
昨夜に続き諏訪に出かけた。竹久夢二の数枚の石版画の額装に額縁屋に出かけたのだが、仕上がるまで一時間もかかるというので諏訪湖に寄った。夕日が沈む時間で、強い西風に波が高い。冷たい風の中の冬ざれの景色の中に佇んでいたら、寂しさに包まれてしまった。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
# by arajin01 | 2015-12-19 22:55

雪嶺

雪嶺_e0099713_13114050.jpg
『雪嶺を真っ赤に染める歳の暮れ』
昨夜は忘年会で投稿できなかった。会場に向かう前、資料館の戸締りにいくと窓からの八ヶ岳が真っ赤に染まっていた。しばらく眺めていたが、徐々にシルエットになっていく時間が、せわしさを消え去らしてくれた。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
# by arajin01 | 2015-12-19 13:12

細雪

細雪_e0099713_23161035.jpg
『枯れ草や細雪かと跳ね飛ばす』
朝から晴れているの一時吹雪いた。道路には積もらないが、道端は一面の雪景色。夕方になり、忘年会に行こうとすると吹雪いた。標高千二百のホテルに着くと雪は止み、月が出た。終わっての帰り道、満天の星空になった。路面は凍結し、慎重な運伝で帰宅した。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
# by arajin01 | 2015-12-17 23:16

石ころ

石ころ_e0099713_22523697.jpg
『石ころの中に群れても我独り』
多くの人々に助けられて暮らしが成り立っている。感謝する次第だが、独りになると寂寥感に包まれる。石ころを見ていて、このひとつが我だと思うような気分だ。しかし、一万個百万個の石ころの中であっても宝石のように輝きたいものだと願うところである。

人気ブログランキングへ ←参加しています。応援クリックを、よろしく!
# by arajin01 | 2015-12-16 22:53